[狂犬病予防注射]

狂犬病は犬だけでなく、人を含む全ての哺乳類に感染する人獣共通感染症です。発症すると死亡率はほぼ100%で治療法もない恐ろしい感染症です。
日本では法律で生後91日齢以上の犬は狂犬病予防注射が義務付けられており、
動物において昭和32年以降発症例はありません。しかし、近隣諸国では狂犬病が蔓延しており、いつ国内に侵入してくるか分かりません。
万一のことも考え、ワクチン接種を行ってください。


狂犬病予防注射の料金

ワクチン接種料金…2,950円

登録代行行っています。
ご希望される方は病院スタッフまでお声かけください。