2016年1月28日(木)
猫の膀胱結石

今回は猫の膀胱結石のお話しです。6才未去勢の雄猫の子です。

昨日から尿が出ていないとのことで来院しました。触診するとパンパンに腫れた膀胱が触れ、画像検査で膀胱内に小結石が多数確認されました。尿道内に管を通してみると、途中で小結石により詰まっていました。また尿道閉塞から急性腎不全を起こしており、血液検査で腎臓数値の悪化が見られました。

尿道内の結石を押し戻し、膀胱内の尿を全て抜いた上で、膀胱結石摘出手術を実施しました。

膀胱切開後

膀胱縫合後

尿抜去後

結石摘出後

結石分析結果より、成分は「リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)」とわかりました。


結石


その後は食事を完全に療法食のみに切り替えることで、再発せず落ち着いています。

膀胱結石は、犬も猫も基本的には体質が原因で形成され、与える食事に大きく影響されます。特に避妊や去勢を実施した後、運動量の低下が生じることや、冬場など尿を溜めやすい時期が要因となり、膀胱内に結晶・結石が形成されやすくなると言われています。

また、雄猫は尿道が狭いため、結晶という砂のような状態でもすぐ詰まってしまいます。
尿道閉塞を起こしてしまった場合、早期に治療を行わないと急性腎不全を起こしてしまい、最悪の場合生命の危険があります。
トイレが長い、トイレでいきむ、などの症状が見られたら、早めの受診をお勧めします。

アニファ柏 日向