[ノミ予防_猫編]

ノミってどんな虫?
体の表面から血を吸う小さな寄生虫です。

ノミは約3mmと小さく、毛の間を逃げ回ります。探してもノミ自体を見つけることは難しいですが、黒い小さな粒『ノミの糞』がみつかればノミがいる可能性があります。

えっ!ノミが重大な病気に?
痒いのはもちろん、様々な感染症を運びます。

ノミに刺されることにより、痒みや皮膚炎などの精神的なストレスを受け、さらには「ノミアレルギー性皮膚炎」や「瓜実条虫」といった病気を引き起こしたり、他のペットにうつしたりする可能性があります。また、人間に伝染する「猫ひっかき病」を媒介します。

こんなことがあったら要注意!
右のようなことが1つでもあれば、
お早めに動物病院にご相談ください。

室内で飼っていれば安心?
いいえ。感染リスクがあります。

「うちの子は室内で飼っているから」といって、安心してはいけません。動物病院やペットホテルに出かけたり、また人間が外から持ち帰ってしまうこともあります。
また、ノミが繁殖するには気温が13℃以上あれば十分なため、寒い冬の時期でも、暖房のきいた室内では繁殖と寄生を繰り返すことができます。

予防と治療はどうしたらいい?
月に1回のお薬で予防・治療できます!

お薬には色々なタイプがありますので、詳しくは動物病院までお問い合わせ下さい。

ノミ予防薬の料金

スポットタイプ(滴下型)
1回分

1,400円

※月に1回背中に塗布するお薬です。ノミの予防ができ同時にフィラリア、回虫、耳ヒゼンダニの駆除が出来ます。
※料金税別表記です。

ノミ・マダニについては、当院またはグループ病院にご相談ください。